2010年6月16日水曜日

ライポンについて

写真は昆虫エクスプローラさんより:
http://www.insects.jp/kon-hatikomaruhana.htm

私事で恐縮ですが…
実は今、夜間学校でWeb関係の勉強をしています。
来週で卒業なので、卒業制作でHPをつくっているのですが
このブログも連動させたいな~と思いまして、
「都会のいきもの」サイトを作っております。
昆虫エクスプローラさんには大変お世話になっております(゚д゚)/

今日は出身の大田区(東京)ネタでも(笑)
突然ですが…
ライポンをご存知ですか?

うわぁ~懐かしい!とおっしゃる方は
20~25年前に一時的に起こったライポンブームの仲間ですね。
しかも城南地区(大田・品川・目黒・世田谷)限定の突発的ブーム!!

これを地域限定だと知ったのは高校のときでした。
色々な地区から集まる高校だったので、この話題が出たときに
大田区民のライポン熱の熱いこと熱いこと…(笑)
しかし、知らない人たちには「なにそれー?」なんですよね。

当時は小学生の私、みんながライポンに夢中でした。
刺さない蜂で、黄色い毛でふわふわして可愛いことから
女の子にも人気があり、ふで箱で飼ったり、紐をつけてペットにしたり、
飼いやすいように羽をむしったり…あわわ(;・∀・)
いま思えばかなり残酷なことしてるんですよねー…
でもファミコンやスーファミなんかが出てた時代…
みんなが夢中だったなんてちょっとビックリです。

ライポンがよく集まる通称:ライポンの木によく採りに行ったものです。
ライポン・ライポン…っていったい何なのよー?

【コマルハナバチ】
ハチ目 細腰亜目 ミツバチ科 マルハナバチ亜科

という蜂なんです!
ライオンみたいに黄色いふわふわの毛で可愛いから=ライポン?
メスは黒くて刺すけど、オスは刺さないという理由で手づかみされてました(笑)

ライポンの木というのは、ネズミモチで、今くらいの時期に花が咲いて香るので
ライポン来ないかな~なんてワクワクしたもんです。

んがッッ(゚д゚)!

つい最近、このライポン(コマルハナバチ)の数がめっきり減ってしまったんです。
子供の頃に採りすぎたのかなーと心配してたんですが、
メスは今でもたま~に見かけるので、目を凝らせばいるのかも??
でもやはり昔より断然減っている気がするのは
生息環境が変わっているせいなのかもしれません。

バナナ虫も地域限定?
こちらは【ツマグロオオヨコバイ】
http://www.insects.jp/konzokubanana.htm
気になる方はどうぞ~~
こちらは平成のみなさんにも親しまれているようです!!

豆知識:
恥ずかしがり屋で、すぐ葉っぱの裏に隠れちゃう。
おしりから変な液体だすよ!
死ぬとオレンジ色になるよ!!

0 件のコメント:

コメントを投稿

このガジェットでエラーが発生しました